理事長あいさつ

img
学校法人福岡女学院
理事長 十時忠秀

 福岡女学院は、1885(明治18)年に米国のメソジスト監督教会から派遣されたジェニー M. ギールにより創立された英和女学校から始まり、今年創立132周年を迎えます。

 創立以来今日まで、キリスト教を基盤とする人間教育や女子教育を重んじ、現在の福岡市南区の曰佐校地に幼稚園から中学校・高等学校、大学・大学院を、古賀市に看護大学を擁する総合学院に成長しました。これも先達たちの努力と福岡女学院につながる多くの方々の支えによるものであり、心から感謝します。

 私立学校を取り巻く環境は、経済情勢や少子化など厳しい状況にあります。しかし創立当初の建学の精神に立ち、守るべきものを守り、改革すべきものは改革しながら、社会の期待に応え、教職員が一つになり、また「教育・研究活動」「宗教教育」「学校経営」のそれぞれを主軸とし、かつ連携しつつ、学院運営を行なっていきます。

2017年度は、高等学校・中学校校長及び幼稚園長が新たに就任します。新校長並びに新園長はそれぞれの所信に基づいた学校運営を確実に実行できるよう、教職員と一丸となり、生徒、園児のための教育を推進します。

大学長は副学長とともに2020年度に向けた大学や短期大学部の改組やカリキュラムの見直しなどの計画を進めます。

看護大学は昨年(2016年9月)完成した看護シミュレーション教育センターを基盤とする看護学領域の新設を検討し、福岡女学院の特性を生かした看護大学のブランド力がアップする将来構想を構築していきます。

各学校長のガバナンスがより発揮できる組織体制とともに、財政的には独立採算制度を導入し、財務体制を強化し、150周年に向けた確かな学院像や将来構想を策定していく所存です。

総合学院として、幼稚園から大学、看護大学までの連携を、生徒や学生のみならず、保護者や地域の皆様に、より明確に発信してまいります。

 限られた財源を有効に活用し、健全な財政計画を立て、福岡女学院の資源を最大限に活かしながら、重点的に事業を展開します。2017年度の事業計画の遂行にあたり、皆様のご支援・ご協力くださいますようお願いします。

   
2017年3月

前のページへ戻る