福岡女学院の歴史
 img 創立者 ジェニー・ギール


1885(明治18)年頃の福岡因幡町(現在の天神2丁目)は、家屋もまだ少なく、周りも広々としたところでした。その一角にあった古びた一軒の家屋が、福岡にキリストの福音を伝え、女子教育を芽生えさせる出発点となりました。

この年の5月に来福した米国メソジスト監督教会派遣のジェニー・ギール女史は、教会日曜学校長の活動を始め、その後、英和女学校(福岡女学院の前身)の設立に専念し、開校とともに初代校長となりました。

学校外の活動にも骨身を惜しまず活動し、福岡師範学校の生徒達と聖書を学び、英語の勉強に来た人達を指導、その傍らで茶道を学び、地元の人との交わりを持つことにも努めました。
学校の内外にわたって教育に伝道に、まじめで真剣に努力する校長として信を一身に集めました。



 
前のページへ戻る